信用取引のリスクとメリット

信用取引とは

信用取引とは、証券会社から担保の約3倍まで借金をして株取引をする方法です。
100万円の担保があれば、300万円までの株取引が可能です。

また、信用取引は、空売り(からうり)により、下げ相場でも利益を追求することができるメリットがあります。上げ相場だけでなく、下げ相場でも収益を見込めることから、儲けるチャンスが2倍になります。空売りした値段から下がれば下がるほど利益がでるというものです。

反面、不慣れなまま空売りをしてしまうと、上げ相場でも下げ相場でも逆のことをやってしまい2倍損する可能性がありますので注意しましょう。

建玉(たてぎょく)とは

信用取引で新規に買うことを「新規買い」といい、信用で買ったものを「買建玉(かいたてぎょく)」、返済することを「返済売り」「決済売り」といいます。

信用取引で新規に売ることを「新規売り」といい、信用で売ったものを「売建玉(うりたてぎょく)」、返済することを「返済買い」「決済買い」といいます。

現物取引の場合、100万円分取引に使っても、無くなるのは100万円だけです。それ以上無くなることはありません。しかし、信用取引は、100万円分使うと、100万円以上なくなる可能性があります。

ですから、信用取引のメリットを最大限に活用するためにも。リスクを抑えてその対策を考えましょう。以下、信用取引のリスクを説明していきます。

買方金利(かいかたきんり)

信用取引は借金して取引するので、買建玉(かいたてぎょく)している期間中、金利がかかります。年率1~3%ほどですが、建て代金が大きければ大きいほど、期間が長ければ長いほど、意外とおおきな「手数料」になってしまいます。

制度信用による期限

建玉日から6ヶ月以内に決済するという返済期限があるので、長期保有することができません。
一般信用取引については無期限信用とも呼ばれ、返済期限はありません。しかし、建玉している間、買方は金利がかさむことを覚えておきましょう。

3倍の取引による損失

すでに述べましたが、信用取引は資金の約3倍まで取引ができます。少ない資金でおおきな取引ができる反面、被る損失も大きくなります。あらかじめ損失を想定した上で取引をしましょう。

代用有価証券の変動リスク

信用取引の担保になるのは現金と、現物の株式です。現金の場合、100万円あれば、100万円分の担保として計算しますが、現物株式(代用有価証券)の場合は、前日終値の8掛けで計算します。つまり、100万円分の株を、80万円分の株として担保評価するのです。
毎日株価が変われば、担保評価も変わります。
終値が前日よりあがればその分担保が増えますし、終値が前日よりも安くなってしまうと、担保が小さくなります。
以前、担保評価をいきなりゼロ評価にするといったことがありました。マネックス証券がライブドア株をゼロ評価したのです。業績が芳しくない会社や、上場廃止になってしまいそうな株を担保にしておくのは危険ですので気をつけましょう。

追加証拠金(追証)のリスク

信用取引は担保の約3倍の取引ができますが、実際に担保の3倍の取引をしてしまうと、めいっぱい建玉していることになり、担保価値が下がると、担保割れする可能性がかなり高くなります。
担保割れをすると、追証(おいしょう)が発生し、追加資金を入れる必要がでてきます。
入金できる資金があればよいのですが、ない場合には、信用で建玉した銘柄を決済(損をしている場合、損金は現金から引かれる)せざるを得なくなります。
建玉は担保の1倍までにするなど、できるだけ余裕をもった建玉をするよう心がけましょう。

空売りの逆日歩(ぎゃくひぶ)

その該当銘柄を持っている会社が株を貸してくれることで、空売りをすることができます。

しかし、あまりにも売りが集中すると、貸し出す株が不足して、貸し株会社があらゆるところから株を調達してきます。このとき、調達手間賃として加算されるのが、逆日歩です。

逆日歩は一般的に、1株当たり何銭・・・という小さなものですが、ときに、膨大な金額になることがあります。過去、村上ファンドが阪神鉄道株を買占めていったとき、4日連続でストップ高をつけたうえに逆日歩も4日で1株あたり80円、1000株で80,000円というダブルパンチで大ヤケドをした人がたくさんいました。自殺者もでたというウワサがあります。思わぬ手数料で損してしまうことがあるので覚えておいてください。

ちなみに、逆日歩が発生している銘柄を買建玉している場合は、逆日歩分を受け取ることができます。

空売りは青天井(あおてんじょう)

買いの場合、株価が下がっても0円以下になることはありませんが、売りの場合は無限大です。
空売りは下がれば下がるほど利益がでる取引方法ですが、逆に株価が上がると、上がればあがるほど損をします。
空売りは、利益は限定され、損失は無限大の取引ですので、損切りを徹底しましょう。

無理な取引は厳禁!

以上、信用取引のリスクについてお分かりいただけましたでしょうか。
よく遺言でも「信用取引だけは手をだすな」と書かれるほど、信用取引は危険な取引です。無理に取引する必要はありません。

株は大衆の逆を張れといいます。大衆は、売りよりも買いを好む傾向にあるので、当然空売りは大衆の逆になります。実は売りは儲けやすい、という話もあるくらいです。

信用取引のメリットはやはり、空売りにあるといえます。今度は空売りを使って現物取引のリスクを最小限に抑えるのです。

つなぎ売り活用例

相場の下落が見込まれるとき、保有している現物株を売らず、同じ銘柄を信用取引で空売りすることを「つなぎ売り」と言います。
以下、つなぎ売りを活用してリスクを抑える活用例をご紹介します。

株式移管のあいだのつなぎ売り

株の移管中、株価が上がれば利益になりますが、下がったら損失が出ます。
空売りをしておくと、下落した場合は、現物株の値下がり分を、空売りでカバーできます。上昇した場合は、空売り分が損失になりますが、移管前と同じ評価額で計算できます。

株主優待の権利確定つなぎ売り

権利確定前に信用取引で空売りしておき、権利落ち日に現物株を品渡しすれば、株価の下落リスクを回避しつつ、株主優待も手に入れられます。優待のタダ取りです。

なお、つなぎ売りを行う場合にも、逆日歩には注意をしましょう。また、空売りができる銘柄は、貸借銘柄に指定されている銘柄に限ります。空売りできない銘柄もあるのでご注意ください。(カブドットコムホームページでわかりやすく説明しています。)

-->